上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
このブログに何度か登場したことのある、みぃちゃんで~す(*´∇`*)
これらは今週の日曜日に撮影した写真。
あぁ・・・本当にいつ見ても綺麗な色の瞳だな・・・

みぃちゃん


みぃちゃんは私の旦那さんの実家にいるにゃんこで、今年13歳になる女の子♪

それまで猫を飼ったことのなかった私が、
ペットショップ以外の場所で初めて触れたにゃんこだったの。
みぃちゃんと出会ったことがきっかけで、私は猫と暮らそうと決めた。

我が家のにゃんずと違い、とても人懐っこくて
初対面の時からスリスリしてきてくれたんだ(´m`)むふ
実家に遊びに行くたびに、玄関で「にゃ~」と迎えてくれるし、
特技がいっぱいあって、セミ、ヤモリ狩りに
あと、引き戸や折れ戸を開けることが出来るのよ(= '艸')ムププ

みぃちゃん

そんなみぃちゃん、ほんの数週間前までは病気とは縁のない元気な子だったのが、
今、慢性腎不全と闘っています。

今月になって急に食事をほとんど摂らなくなって、たびたび胃液を吐くようになった。
病院で検査して、腎臓の数値がかなり悪くなっていた。

猫の場合、数値に現れる頃にはすでに
腎臓の75%の機能が失われているんだって。

ただ猫の腎臓というのは、もともと100%の能力だとすると、
潜在的にもう100%の能力をもっているらしい。
残りの25%に加えて、その潜在する能力が発揮されれば
腎臓はちゃんと機能するのだという。

みぃちゃん

先週はいかにも具合悪そうにうずくまっていたみぃちゃんが、
この日はお父さんの膝の上でご満悦♪

連日点滴に通って、少し調子が戻ってきたようで
自分からご飯を催促するまでになっている。
いざ食事を出すと少ししか食べなかったんだけど
私が手のひらに乗せて与えると、ゴロゴロいいながら全部食べてくれた。
可愛い。

失った腎臓の機能は戻らない。だけど何も怖がらなくていい。
これ以上悪化させないようにすることと、
残された腎臓の機能と上手に付き合っていくのだ。
大丈夫。信頼できる先生と、みぃちゃんのことを愛する家族がいるから。





今回慢性腎不全について色々ネットで調べていた時に見たんだけど、
メインクーンは腎不全の罹患率が高いっていうのがあった。
それを見たとき私の心臓が早うちした。

しょこ


原因なんて色々あるだろう。
ううん、原因もなく突然病は襲ってくることだってある。

みぃちゃんがつらそうにしてるのを見た時、情けないほどすっごく動揺した。
家に帰ってからも胸に鉛が乗っているような気分だった。

私はもっと強くならないといけないって思った。

スポンサーサイト
2007.10.15 | その他 | Comment:4 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。