上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
おにゃのこ
ショコラの体はとってもやわらかい。
抱きあげた時、全身が脱力したようになってその身を任せてくる。
(ただし私限定ね。私以外だと体を強張らせて唸るから)

ぱっと見はがっちりした体形だけれど、それは毛がフサフサしているだけで、
実際は、触るとあばら骨が当たるくらいガリガリの体。
なのにやわらかいから不思議。ああ女のコだなって思う。


くたくた
そんなショコラを抱っこして思い浮かぶのは、
お鍋をしたときに、最後のほうは柔らかく煮えてくたくたになった白菜。

画像だけでは触感は伝わらないけれど、
でも本当にびっくりするくらいふにゃふにゃしてるの。


トドのモノマネ中
こちらは同じ白菜でも収穫したてのまるごと白菜。

画像のまま。ふつうに重い。そしてきっとあなたの想像どおりの触感だよ。

スポンサーサイト
2011.03.31 | ショコラとマロン |
思い出したよ。3月5日はうにの3歳の誕生日だった。
まだ3月だもんね。3月中に思い出したからセーフだよセーフ。

前回のブログ更新の日(3月11日)、うにのうの字も出ていないとは(笑)


ってことで遅ればせながら、うにお誕生日おめでとう。


うにの写真撮影はなにかとイライラすることが多くて苦手なんだけど、
今日はいっぱい撮ってみた。
で、3歳になったうにについて、あらためてあーだこーだ言ってみる。

黙ってりゃイケメン
ショコラとマロンのせいで小柄が際立って見えるけれど、
まあ標準サイズには育ってくれたと思う。
ちょっと顔が小さすぎる気もするが、わりとイケメンだから良しとしよう。


ロックオンはやや寄り目
ショコラとマロンの場合は数日おもちゃで遊ばなくても気にならないのに、
うにだと毎日遊んであげなきゃ駄目な気がして焦ってしまう。
いつでも遊んでオーラが凄いし、
無視すると仕返しのごとく夜中に大暴走と大号泣でうるさいのなんのって。。。


ちっとも微笑ましくない
で、遊ぶことには全力投球。うなるは威嚇するはの凶暴さ。
「まあ可愛い♪」とか、とても思える様子じゃないので
私も、外野の猫たちも少々引き気味に眺めている。落ち着いて下さい。

最近では手抜きな遊び方だと物足りないらしく、
満足しなかった日はきっちり夜中に騒いで抗議してくる。策士である。

そう。頭はとっても良い猫なのだ。そして強くたくましい。
他の2匹と比べてもだんとつ器用で要領がいい。
だからついついないがしろにしてしまうんだな。ゴメンね。



後頭部
さて、私の短毛猫さんに対するフェチのひとつ、後頭部のこの曲線。
うん。うにもいい感じになってきた。
もっと大きくてマルッとしたカーブが出るのを期待しているからね。


メタボ
後頭部がいい感じになったと同時に、下腹部のたるみ具合もなかなかご立派になりまして。

ちなみに、マロンは確かに大きいけれど決して太っているわけじゃない。
首のまわりとかお腹にこんなたるみはないから。
うには四肢は細くて顔が小さいのに、首と胴体にぎっしり肉が詰まった感じ。
これは欧米体質ってことでいいのかな。
このままお腹が垂れ下がって床を引きずったら、それはそれでオモシロイな。


アカーン
先に、わりとイケメンとか言っといてなんだけど、
うには口の閉まりが悪いため気を抜くとアホ面になる。
これはもう、当初からこいつアゴがしゃくれてるなとは感じでいたけれど、
口元だけ見たら、某お祭り男にしか見えない今日この頃。ワッショイ!


しまい忘れ
口の閉まりが悪いということは、舌をしまい忘れることも多くて、
こんな感じのアホ面なら、ずっと舌を出したままでもいいんじゃないかと思ったり。


とまあなにやら上から目線でいろいろ並べたててみたものの、、
ようするに私にとってうにはかけがえのない存在なのだ。たとえ誕生日をスルーしても。

私がショコラを。旦那さんはマロンを。災害時に連れて逃げるのならって、
そんな話をしたのはもうずいぶん前のこと。

もう1匹増えた今、3匹とも確実に守るために私はどうするか。もっと考えなければばらばい。
2011.03.28 | うに |
しょこ
猫には縄張り意識というものがある。
外猫さんほどではないにしても、家の中のこの場所は自分のもの!みたいな感覚は
少なからずあるように見える。


で、今ショコラが寝ている場所はいつもならマロンがおねえ座りしている場所だ。
変だな?と思ったけど、あまりに可愛らしいその寝姿に思わず見入った。
だからすぐには気付かなかった。その隣で寝そべる存在に。






しょこまろ

…二度見したよこれ。


まろ
相変わらず自分のサイズをちっとも把握できていない行動だと笑う反面、
マロンはもしかしたらショコラが自分の居場所を陣取っているのが嫌だったのかな、と。

控えめで、特にショコラ姐さんには頭が上がらないマロンにとって
精一杯の意思表示なのかもしれない。



子ニャンまろ
とは言いつつ、もとはこのマザーボールはマロンのお気に入りの場所だったのも事実で。

案外、マロンが「久しぶりに乗っかってやるか、うしし」みたいな感じで居座っていたのを
ショコラが「まあ汚らしい」ってな具合に隣で静かに怒っていただけなのかもしれない。



ところで私は、動物園だと猿山でのボスの座争いとか、餌をめぐる小競り合いを見ながら
内心でアテレコしてひとり笑うタイプなので、
我が家での3匹の猫たちのあれやこれやを眺めていると、色々想像が広がってしまうんだな。



    ◆◆◆◆その後◆◆◆◆

しょこまろ
無事、本来の寝床で昼寝していた(笑)
2011.03.11 | ショコラとマロン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。