上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
朝起きて、顔を洗って朝食を摂り、さあ化粧でもするかと鏡の前に座る。
起きてからかれこれ1時間は過ぎているというのに、
頬にまだしっかり残るシーツの痕。

アラフォーですけど何か?


まろ
今年の7月に6歳になるマロン。
うん、君もじゅうぶんアラフォーだ。


まろ
ほらね、ほっぺに痕が残ってるよ。なんちゃって。


まろうに
あら2匹でモフモフのお腹自慢だね~微笑ましいね~
でもこれ、人間に置き換えたら、
おっさんがふたりでお腹ほっぽり出して寝てる図。ってことになるのか。

いや、ちらっと見えてる腕は旦那さんのだから、
この画像の中にはおっさんが3にん映ってるってことになるな。


うに
とは言っても、うにはまだ3歳半だからアラサーか。
おっさん扱いはまだ早かったね。

まあどっちにしろ、猫は外見上は年齢を感じないから羨ましいよ。
加齢臭も当然しないし。

あとは人間同様、これからをいかに健康に生きるかだね。
お互い頑張ろうね。




        ****ツバメの様子****

つばめ

2日ほど前に孵化しました。
卵は6個ありましたが、現在確認出来るヒナはまだ3羽です。


…気になることが。

ツバメではない鳥が、時々この巣を覗きこむのです。
頻繁に巣の近くを飛び回っていて、なんだか気味が悪いのです。
外見はツバメとほぼ同じ大きさで、やや褐色がかった色をしている鳥です。
ヒナを捕食しようとしている様子はないけど、餌をあげているわけでもないです。

とにかく、あの鳥を見かけると不安な気持ちになります。
スポンサーサイト
2011.05.28 | マロンとうに |
急に昼間の気温が高くなった。
今日は雨上がりの蒸し暑さもあって、ちょっと動くだけで汗が出る。
 
それでもまだ5月。窓から入る風は涼しい。

うにの目覚め
今日も猫たちはそれぞれに惰眠を貪る。


とは言っても眠りは浅いようで、
私がカメラを構える気配にすぐに目を覚ます。ほんとカメラ嫌いねえ…


カメラ向けるな
まだ寝ぼけてるくせに、レンズからはしっかり視線をはずして“嫌”の意思表示。

関係ないけどこの猫ベッド、ボロすぎ。


ここは安全区域
ちょいと姐さん。いい加減、テーブルで寝るのやめてもらえませんかね。

いつ襲ってくるか分からないうにの腹ダイブを避けるため、
テーブルの上で過ごすことが多くなったショコラ。 
ここが安心できる場所だと分かっているから自由にさせている。

もうずっと前からキャットタワーを買おうかとは考えているのだけれど
安全性とか、構造的になかなかいいものに出合えず今に至る。うちの猫は大きいからね。

まあ本音を言えば、ずっとタワーで過ごされると寂しいってのもある。


デレ全開
昼寝の邪魔をされても、構うと嬉しそうにクネクネするショコラ。

とろける。可愛くて何しても腹が立たない。すごい存在だ。


オチ要員
うにの腹ダイブなんて気にしちゃいない大物がここに。

気温が上がってきて、最近じゃ床で仰向けというのが基本姿勢なマロン。
そよそよと風を受けて気持ちよさそうだ。
うにの気持ちが分かる。私もここに腹ダイブしたいわ。


けどこんな隙だらけの格好なわりに触んじゃねーぞオーラがすごいのね。

はいはい。眺めてるだけなので昼寝の続きをどうぞ。







     ****ツバメの様子****


卵はまだ孵っていません。メスがずっと卵をあたためていて、オスがメスに餌を運んでいます。
巣に来たばかりの頃は痩せていたけれど、最近2羽ともぷっくり太っている気が。。。
うちは裏に畑があって、餌は豊富なほうだと思います。
これから大変な子育ての前に、しっかり体力をつけていて欲しいな。


ところで去年もそうだったけどコバエが凄いです。殺虫剤は使えないし、どうしたものか。
2011.05.10 | 3にゃん |
昨年、我が家にツバメが巣を作り、無事に4羽巣立っていったのだが(その時の記事はコチラ)
嬉しいことに今年もその巣にツバメのつがいがやってきた。


昨年来たのと同じつがいなのか、はたまたここから巣立っていった彼らの子供なのか。
なんにせよ、今年も可愛らしい来客に我が家はホクホクなのだ。


しょこまろ
この窓からは巣が見える。
行き来するツバメの姿を見て猫たちのテンションは上がりっぱなし。
窓を開けると我先にと、この場所を取りあうのだ。

よそ様のところでは、猫たちが仲良く並んで外を眺めるなんて光景はよく見るけれど、
我が家でそれは、ありえない。
画像からじゃ、先を越されたショコラのイライラ度MAXな時に出る鼻息を
聞かせられないのが残念だよ。

こんな感じで、
ツバメを眺める猫たちの順番待ちの中で起こる小競り合いを眺めて、
今日も私がいちばん楽しんでいる。


しょこ
「カカカカッ!カカカカカッ!」 ←もどかしい時に出る変な声。

ツバメは人間を怖がらないのはもちろん、猫の姿が見えていても気にならない様子。

すぐ手の届きそうなところでのんきに羽づくろいするツバメに対し、
ショコラはもう歯がゆくて悔しくてしょうがない。
それを見て私は可笑しくて可笑しくて。


まろ
ショコラに無理やり窓を追いやられ、地味ににイライラしながら下で待つマロン。

 
ところで、普段はこのずんぐりむっくりな体型のせいで忘れがちだけれど、
あの、わりと高さのある窓の、あんな狭いサッシの上に飛び乗れるなんて、
マロンってば、やっぱりちゃんと猫だったみたいだね。



**** 昨日中を覗いたら小さな卵が5個ありました。孵化したらアップしますね ****
2011.05.04 | ショコラとマロン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。