上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
3月7日 A病院抜歯当日
朝イチで預けて、抜歯は午後から。それまで点滴留置となる。

この病院、いつも思うけど、こういった処置もろもろを、
出来る限りバックヤードではなくて飼い主の目の前で行うのが良い。
点滴のための剃毛といった、当たり前なことでも飼い主に確認をとって行う。
こんな小さなことが、不安に押しつぶされた心には本当に救いになるし、
何より、安心と信頼に繋がると思う。ショコラを大切に扱われていると感じる。

この日はさすがに1泊入院させてもらうことになっているが、
心配なので処置が終わった後、様子を見に行くことに。

意識は戻っているが、体がまだ完全に麻酔から覚めておらず、
動けなくて横たわった状態のショコラと対面。
動けないのと痛いのとで、興奮状態で鳴き叫んでいる。
私と目を合わせても分かっていない様子で震えて鳴き続けていた。

簡単に経過を説明される。
予定していた3本の他、1本異常があったので、
結果、4本抜歯し、そのうち1本は歯根部分が溶けていた。
ただ、炎症で歯が溶ける場合もあるので現時点では何とも言えない。
気になるのが、もともと抜歯を予定していた歯の歯肉をめくった際、
歯肉を支えている骨が下がって(溶けて)いた点。

例の腫瘤も切除した。腫瘤の根元が奥に繋がっていいるような形跡はなく、
これは私としては朗報だった。

ところで、面会した際のショコラは、血液で汚れていることもなく綺麗だった。



長くなりましたが、これが今、ショコラの身に起きている出来事です。現在進行中です。
まだ私自身、現実を受け入れられたような、そうでもないような精神状態です。

今日、このような内容でブログをアップしたのも、家でショコラの抜歯処置を待つ間、
気持ちを落ち着かせる方法として選んだ、ただの気まぐれ行為です。
もちろん毎日の症状と経過、検査結果や費用などについて、別でノートに記録として残しています。

明日の朝、ショコラを迎えに行きます。
ショコラにとって、今日のこの辛い夜が1分1秒でも早く過ぎますように。













2013.03.07 | ショコラ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。