上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
ご無沙汰しております。
私は元気にやっています。

昨年の10月にショコラの四十九日法要を済ませましたが、
どうしてもまだお骨は手元に置いておきたくて、納骨はしませんでした。

ショコラを失った悲しみが癒される事はない、それでいいと思っています。
普通に生活できています。食事もし、遊びにも行っています。
そして時々、ショコラの事でさめざめと泣きます。

夢にはまだ2回しか出現していません。
どちらの夢も、夢の中の私にとって、ショコラは既に亡くなっている前提なので、
せっかくショコラに会えたのに、私は戸惑ったり驚いたりしていました。
でも、目覚めた時、本当にたった今ショコラに会ったような気持ちが残っていて、
夢だったと分かっても嬉しかったです。

もっと頻繁に、病気になる以前の設定で、夢に出てきてくれたらいいのに。



まろ
マロンも元気です。
年明けに、人間ドックならぬ猫ドックをしました。
心エコーで、心臓の筋肉が基準より厚いことが分かりましたが、
マロンは骨格からして標準よりかなりに大きいので、経過観察になりました。
腎臓の数値、ボーダーちょい超えでした。

それと実は昨日、歯石を取る手術をしました。
エナメル質が溶けてしまっていた歯を2本抜くことになりましたが、
全身麻酔にも無事耐えることが出来、今日もごはんをモリモリ食べています。


まろ
とっても甘えん坊になりました。
ショコラの位置がマロンに変わったような、それくらい私にべったりです。
もともとあまり触らせないし、人間とは距離をとるタイプだったので、
トイレの出待ちとかされた日には、何かのお告げかと心配したほどです。
中の人が変わったのかなという事にしておきます。


まろ
点滴のために毛を剃った前足です。
太い太いと思っていた足が、案外ハリボテだったんだなと驚きました。


うに
うにはうにのままです。

こう見えて繊細です。どの猫より臆病です。
思えば、ショコラがいないということに、敏感に反応を見せていました。



彼らの存在に救われているな、と強く思います。
と同時に、自分にとってやっぱりショコラは一番で、今でも大切な大切な存在です。

本当は、まだ病院に近づくだけで動悸がするし、気を緩めたら涙が止まらなくなります。
でも、信頼している先生だし、今後もマロンとうにがお世話になると思います。

ショコラの辛かった頃の記憶は、催眠でもかけない限り私の記憶からは消えません。
思い出さないよう努力している自分に、少なからずの罪悪感を感じます。
もっと自然に、真っ先に、楽しかった頃の記憶が頭に浮かぶ日が来るといい。

土に還してあげないといけない、分かっているのに。
今はまだ、この家を彷徨っているかもしれない魂でさえ、手放したくないのが本心です。
一周忌には、心穏やかに、納骨できるといいなと思います。











拍手、コメントありがとうございます。

愛猫を亡くすという事実に、それと向き合う事の困難さを思い知りました。
同じように、大切な存在を失った方には、心より、お悔やみを申し上げます。
どんな記憶でも、その子を忘れないのが供養だと思います。
そしてその記憶が、楽しい、嬉しいものでありますように。


『私も同じようにしたと思います。』
身勝手ですが、どこかで欲しがっていた自分がいます。
この一言でまた1年踏ん張れます。



2014.02.08 | マロンとうに |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。